真珠の首飾り

中国の「海洋戦略」の一環。
中国が各地への軍艦や潜水艦の寄港のための海上交通路の要衝としてスリランカのハントタ港を99年間借りる契約。
もうこれは植民地になったとみるべきでしょうね。
99年間です。

一帯一路構想の海上ルートの一部となるのが「真珠の首飾り」

「東は中国、西は米国で半分こしましょう」とオバマさんに呼び掛けたことは有名です。
日本人はお人よしで平和ボケは変わりません。
中国は着々と経済力で100年の計を進めています。

売れそうになかった北海道の土地が10倍で売れたと喜ぶ日本人はまさに平和ボケ。
中国の一部になった方が平和なんですよとうそぶく元首相もいたような・・・・
長く中国に滞在していた大手商社マンも同様。
どうなるんでしょうね・・・・
スポンサーサイト

公園に「朝鮮人強制連行追悼碑」

群馬県高崎市の公園に「朝鮮人強制連行追悼碑」を建てるって?
碑文には「日本軍が朝鮮人を強制連行して云々」と書かれているそうです。

米国には既に慰安婦像と一緒に建てられている。
日本国内にこんなものを建てられて黙って許可するのですか?
公園です。

南北朝鮮人が自宅の庭に建てるのを止めることはできないにしても、これは許せません。
日本人が日本軍を貶めてどうするんですか?

強制連行なんてありませんよ。
皆一丸となって戦ったんです。

但し、慰安婦はかってに軍について回って売春をしていた。
女衒が取り仕切っていたと資料も残っています。
大金を稼いで国に仕送りもし、家が2,3軒建ったとか。
戦後、銀座にお店を持った女たちもいたと言われています。

幸いにも反対する方たちもいて、群馬県高崎市の裁判は次回7月21日だそうです。

韓国は反日激化

 米国オークランド大学ヤマザキ教授は自著で、1965年の日韓国交正常化以降の日本の国家レベルでの謝罪の数々を列記し、「主権国家がこれほどまでに過去の自国の行動を悪事だとして他国に謝ることは国際的にも珍しい。だが、その謝罪によって韓国側の対日姿勢が改善することはなかった」と指摘していた。

 日本側は年来、韓国の官民からの糾弾に対してとにかく謝罪するという対応をとってきた。そして、韓国側の当面の要求に屈服するという態度だった。慰安婦問題などでの宮沢喜一氏の連続謝罪、河野洋平氏の「河野談話」などが分かりやすい実例である。

 韓国の反日がいつまでも続くのは、韓国側がその代償をまったく払わなくて済むからだという指摘が、米国の専門家たちから頻繁になされている。つまり、どんなに日本を叩いても日本からの反撃はなく被害を受けることはない。だからいつまでも反日の言動を繰り返す、というわけだ。

 そんな悪循環を断つためにも、理不尽な日本糾弾には、そろそろ日本側も対抗措置をとるべきだろう。国益を守るために戦略的な強固さで韓国の「反日」に立ち向かうべき時代がついに来たということだ。日本の謝罪外交は失敗だったと米国人学者(記事拝借)

戦時徴用工の真実

いかに徴用工が好待遇だったのかを示す逸話。
「採用者(徴用者)たちは歓喜に溢れ(中略)就業後も休祭日は自由に札幌に繰り出し、ショッピングはもとより銭函湾での船遊びまで楽しんだ」

戦時中、日本企業での徴用を志願した崔基鎬(チュキホ)・加耶大学客員教授は、1000名の炭鉱員募集に7000人が殺到したことを自著『日韓併合』(祥伝社刊)。

だが、戦時徴用の勤労動員は合法的に行われており、そこで働く人々には宿舎も用意され正当な報酬が支払われていた。韓国人にとって徴用は人気の“出稼ぎ労働”だったのである。

明治産業施設の世界文化遺産登録に際し、改めて注目されたのが「戦時徴用による韓国人の強制労働」問題だ。韓国ではこれまでも、新日鉄や三菱重工など日本企業を相手取った“強制労働被害者”訴訟が行われ、日本企業が相次いで敗訴している。

戦時徴用は強制労働は嘘 1000名の募集に7000人殺到していた。

英国でマンション火災

イギリスで構想マンションが火災。

信じられない燃え方です。

普通、「窓を閉めて逃げてください。類焼しませんから」

と言われますよ。

まるで可燃材を周囲に張り付けたような燃え方でした。


あれでは逃げようがない。

シリア難民の人が多かったらしい。

夢破れて残念だったでしょうね。


テロ等準備罪法案がやっと成立しました。

日本はテロ先進国らしい。

ハイジャックがありましたね。

連合赤軍もね。重信ふさこは房の中で生きています。多分。

革命を企てる輩が今でも暗躍しています。

オーム真理教も健在です。


国会前で夜中まで絶叫していた輩も中核派がいるでしょう。

沖縄で「米軍死ね」とかを絶叫して、反基地活動をしているリーダーは中核派だそうです。

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録