靖国参拝に騒ぐ中・韓

靖国神社に参拝して何が悪い?

 「終戦の日」の15日、大阪市住之江区のオスカーホールで「終戦72年 戦没者追悼祈念講演会」が開かれ、イタリア半島中部にあるサンマリノ共和国のマンリオ・カデロ駐日大使が「世界が求める日本の心」と題して講演した。

国を守るために戦って亡くなられた方たちのメモリアル施設は世界中にある。

参拝して何が悪いのでしょう」などと話した。

 また、日本の若い世代に向けて「自分の国をよく知らないのに留学するのは危険。日本人にとって神話や歴史は財産ですから自国に誇りを持って勉強してください」とアドバイスした。(記事拝借)


今年、全閣僚が参拝を見送りました。

中・韓に譲歩したんです。

この譲歩がいつもいつも補償、賠償へとちゃぶ台返しに繋がっていくんです。

”日本は押せば引く”


戦争被害はどんどん拡大し、歴史は歪曲・ねつ造へと続いていく。



スポンサーサイト

価値観の違う隣国との付き合い方

 安倍総理は、外交政策において「共通の価値観」を持つ国との外交を挙げている。そもそも価値観の違う隣国に日本から積極的に密接な付き合いをするのは間違いで、淡々と付き合う程度にすべきである。それが日本の国益を守るために採るべき当然の態度であり外交の基本である。

 しかし保守政党である自民党の中にも、そうした考え方がわかっていない政治家が多い。象徴的なのは河野洋平氏だった。韓国からの訴えに応じれば日韓関係も改善するだろうと考えたのだろう。その目論見は外れ、韓国はどんどん歴史を修正し、被害規模を拡大して主張し、さらなる謝罪と賠償を求めるようになってしまった。こうした理解力のなさは、とくに自ら“保守本流”を称する宏池会にその傾向が強いが、こんなことがわからない者が多いのであれば保守を名乗る資格はない。

 自民党の中には多くの親中・親韓派がいる。彼らは私から見れば保守政治家ではなく、そんな政治家がいる政党は保守政党ではない。まずは党内のこうした政治家を一掃しなければ自民党自体が滅んでしまう。

【PROFILE】ややま・たろう/1932年、福岡県生まれ。東北大学文学部仏文科卒業後、時事通信社に入社し政治部へ。首相官邸キャップ、編集委員兼解説委員等を歴任。現在、日本戦略研究フォーラム会長。『安倍外交で日本は強くなる』『安倍晋三興国論』(ともに海竜社)など著書多数。

一部ですがお借りしました。

日韓国交正常化ってどうなった?

1965年に日韓国交正常化50年。
こじれてますよ~
文さんは「北と関係が良くなったら、強制徴用の賠償を北と調査して日本に求める」と言ってます。
慰安婦も、強制徴用もすでに解決済み。
韓国にとっては日本はまさに金のなる木。
くらいついていれば、日本は無限にお金を出すと思っている。

高齢者は知っている、変だよと思っている人もいるけれど、口に出して言ったら財産没収されて袋叩きにあうそうです。

敗戦国日本が韓国よりも豊かなのは許せないと韓国人は思っている。
日本の経済支援金で財閥を作り、先進国の仲間入りをしたつもりでしょうが、民度の低さはどうしようもない。

市内を走るバスに慰安婦像をのせてアピール。
慰安婦は売春婦だったわけで、莫大なお金を稼いでいた証拠の通帳の原本が見つかっている。
日本の対応がお上品過ぎるのよ。



バスに慰安婦像が乗っている韓国

バスに慰安婦像を乗せてるんですね。

韓国客に慰安婦を知ってもらうためだそうです。


京都では和服のレンタルが外国人観光客にも人気です。

と言うことで、韓国でも韓国服のレンタルをやってますが、その服が変。

民族衣装ではないのです。

「伝統的な韓服にこだわっていたら観光客に見向きもされない」と言う理由。


慰安婦は戦時中凄い稼いでいたんですね。

今の金額に換算すると一億円から2億円の収入。

慰安婦は売春婦だったということが発見された通帳(原本)からもわかります。


そんな売春婦をバスでアピールする韓国は恥ずかしくないのかしら。

その国へ夏休みに旅行する日本人の気持ちも理解不能。


河野外務大臣に期待

父親の過ちは息子さんがきちんと正してくれそう。

「日韓慰安婦合意は履行されなければならない」とね。


元慰安婦の貯金通帳が下関の郵便局から発見されました。

当時の慰安婦は1億とか2億とか稼いでいた。

立派な売春婦であった証拠です。


中国の「100年待っても沖縄が欲しい」という領土野心を知っていますか?

今日も機関砲を備えた軍艦が領海侵犯をしています。

翁長さんが日本の税金を使って建てた巨大「龍柱」は中国にいくら払った?


中国はもう沖縄は中国領だと思ったでしょうね。

中国からの観光客は龍柱を見て大喜び。

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録