FC2ブログ

日本叩きを次々繰り出す韓国の強気

「日本が慰安婦のおばあさんたちに一言謝ってくれたら納得します」と女子大生が言ってましたが彼女たちは歴史を勉強していない。
そもそも慰安婦は日本軍が強制したものではなかった。
それでも、日本は韓国に配慮して謝罪と賠償を繰り返してきました。

2015年に日本は10億円を拠出して財団ができたが結局そのお金がどう使われた?
財団解散の理由は韓国民の理解が得られないため、財団が正常に機能しないからというが、それは詭弁だろう。確かに「和解・癒やし財団」の理事の辞任劇など内部の混乱もあったようだが、前述したように元慰安婦の7割が見舞金を受給済みだ。これを阻止しようとするのは、日韓両国を分断する慰安婦問題を永続化させようという意図がうかがえる。

 振り返ると、1995年に創設された「女性のためのアジア平和国民基金」が元慰安婦に「償い金」や「内閣総理大臣によるお詫びの手紙」を支給しようとしたが、これらを受け取った元慰安婦たちが支援団体から強く弾劾されたことがある。

 10月11日に韓国・済州島で行われた国際観艦式で、日本の海上自衛隊の旭日旗掲揚を拒否された問題も忘れてはならない。韓国国防省は艦船の中央マストに韓国旗と国旗を掲揚することを要請したが、海上自衛隊は国内法で旭日旗の掲揚が義務付けられるため、派遣を断念している。

近くてうざい国!
スポンサーサイト

韓国軍が数千億ウォン投入の無人機開発事業、南北軍事合意で無用に

休戦ライン前方師団に配備する予定だった師団偵察用無人航空機(UAV)が南北軍事合意のため無用になる状況。
いいことなんですけどね。平和になればの話。

師団偵察用UAVの偵察可能距離は5キロと確認された。ところが9・19南北軍事合意書の飛行禁止区域設定距離は、無人機の場合、軍事境界線(MDL)基準で東部15キロ、西部10キロ。
すなわち軍事合意書を履行する来月1日からはこのUAVをMDL近隣に飛ばして北朝鮮軍の動向を監視するのが不可能になる。
軍情報筋は「無人操縦が可能な60キロの距離から機体を飛ばし、天気が良ければMDL北側5キロ以内までのぞこうという腹案だった」とし「南北合意によって運用制限が生じたのは事実」と。

北朝鮮主導で南北統一となったら、日本にとっては最悪。

核やミサイルで脅されながら、それでも憲法改正はならず、人手不足だからと韓国朝鮮から流れ込んでくる移民におびえることになりますね。

米国にまたも慰安婦像

マンハッタンに慰安婦像。
韓国人の「反日」はきちがいじみている。
慰安婦が売春婦だったということは事実で、日本軍がわざわざ女性狩りに韓国へ出かけたなんてありえない。
もしも日本軍が女性を一人でも強制連行したとしたら、親も周辺の男どもも黙って見ていますか?
20万人の女性を強制連行ってどうやってできる?

まことしやかに慰安婦像に刻まれた碑文には身の毛がよだつ不快感しかない。


統合幕僚長「自衛艦旗は日本の誇り、絶対降ろさない」

河野氏は4日の記者会見で「自衛艦旗はわれわれの誇りであり、降ろしていくことは絶対ない」と述べたと日本の共同通信が伝えた。河野氏は「自衛艦旗は法律で掲揚することになっている」とも述べ、旭日旗掲揚に対する確固たる意志を見せた。

戦争に負けたから「旭日旗」は使うなと韓国から指図される理由はない。
日本は韓国の属国ではないのです。
毅然と対応しないと何かといちゃもん付けて賠償金よこせと言い出します。

賠償金で生きる道を探るのではなく、未来志向で発展した方が尊敬される国になると思いますけど。

「来るな」と言うなら行かなければいい。

「韓日スワップを協議した方がいい」と韓国の経済界。
勝手なこと言うね。
繰り返します。日本は韓国のポチではない!!!

韓国の歴史改ざん

朝鮮人の「約束は無効と覚悟せよ」
《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》(『時事新報』明治三十年十月七日)
福沢諭吉氏の言葉。

嫌韓論者ではなかったと書かれていますが、半島人の不誠実さを看破していたという。

韓国の歴史書は嘘とねつ造が極めて多い。
日本に文化を伝えてやったのは韓国だから感謝すべきだと。
今のネット社会では歴史の真実を知るのはいとも簡単。
慰安婦像の前で1000日も座り込んで守っていたという大学生たちは何をしていた?
学ぶ時間はたっぷりあったはず。
それとも、中国同様自国に不利な歴史は閲覧不能にしていたか?
google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録