FC2ブログ

台湾に慰安婦像

 設置者は「台南市慰安婦人権平等促進協会」を自称。台湾には元慰安婦だと名乗り出た女性2人が生存しているが、支援してきた人権団体「台北市婦女救援基金会」は、促進協について「詳しく知らないし連携していない」と答えた。

 促進協によると、「慰安婦像」は台湾人の作家が制作した女性像。背後に中国語、英語、日本語、韓国語で説明文の看板を設置する。看板には1937年の南京攻略後、30万人が「虐殺やレイプ」に遭ったとの記述のほか、慰安婦について人数が「20万ないし40万人」との主張や「国連人権委員会で性奴隷と認定された」との内容が記された。

 馬氏は在任中、慰安婦問題で日本に謝罪を要求した。設置場所は日本統治時代の百貨店を改装した施設前で日本人観光客も多い。
(記事拝借)
台湾でも20万人ないし40万人の女性が拉致されて慰安婦にされた?
韓国の主張もあり得ないことですが、台湾で20万人とか40万人とかありえないと思いませんか?
「日本たたきをすれば金になる」とでも周知されたみたい。

まず、国連の人権委員会の認定が悪意に満ちている。
韓国のロビー活動の成果でしょうけど、慰安婦は大金を稼いでいた売春婦ですから。
日本軍が40万人の女性と遊びほうけていた?
スポンサーサイト

中国へ行く人は自己責任

 2015年以降、スパイ行為に関わったなどとして日本人8人が相次いで逮捕・起訴されている。

 そして、本年7月10日には愛知県の男性がスパイ罪で懲役12年の実刑判決を、7月13日には神奈川県の男性がスパイ罪で懲役5年の実刑判決をそれぞれ受けた。

 これら有罪判決を受けた2人以外にも、温泉開発の地質調査中に拘束された男性ら6人が逮捕・起訴されている。8人のうち6人がスパイ罪、2人が国家秘密等窃盗罪などで起訴されている

 これでは、スパイ・リテラシーの低い日本人には、撮影した行為がスパイと見なされ、 最高刑が死刑であるスパイ罪で逮捕される恐れがあることまでは理解できないであろう。これはまさに「教えざる罪」である。

 政府は、海外で無実の罪で逮捕・起訴される日本人を二度と出さないために、早急にスパイ活動(諜報等)、スパイ対策活動(防諜)およびスパイ活動の意義等について国民を教育・啓蒙しなければならない。
(記事拝借)
何気なく写真を撮っただけでスパイ罪。
何気なく見ただけでスパイ罪。
何気なく尋ねただけでスパイ罪。

そんな国にお出かけになる日本人は能天気ですよ。
例えビジネスによる出張だとしてもスパイ罪をでっちあげて外交カードにするなんて朝飯前。
日本人は覚悟を持ってどうぞ。

中国の兵器開発

 【北京=中川孝之】中国でミサイル開発などを行う国有企業「中国航天科技集団公司」傘下の研究機関は3日、音速をはるかに超える飛翔(ひしょう)体の発射試験に成功したと発表した。軍事的な意図には触れていないが、弾道ミサイルに搭載するなどして発射し、米ミサイル防衛網を突破する新型の超音速兵器とみられる。

 発表によると、飛翔体は3日朝、中国北西部の発射場から「星空2」という名称のロケットに搭載して打ち上げられ、上空で分離して飛行した。高度30キロ・メートルをマッハ5・5~6の超音速で、予想落下地点まで飛んだ。

 日米などは、中国による超音速兵器開発を警戒してきた。今回の発表は、衝撃波に波乗りするような方式で飛行する「ウェーブライダー」と呼ばれる技術の開発に中国国内で初成功したと強調した。中国が超音速兵器の開発状況を明らかにするのは異例で、軍事筋は「技術開発の進展を米国に誇示した」とみている。
(記事拝借)
北朝鮮の核、弾道ミサイル、化学兵器だけではなく中国の新型兵器もひとたび戦争となると、地球を破壊しかねないですよ。
異常気象で国民は困窮していると思うのに、兵器開発にはどれほどお金使ってもよいのね。

この軍事力に脅されて周辺国が屈服しないことを願うばかりです。

朝鮮半島非核化の条件

韓国には『日本との連携が必要だ』という認識はない。これまで警戒していた北朝鮮が『朝鮮半島の非核化』を約束し、『お友達』になった以上、日本を『敵国』として、これまで以上に反日行為を強化する恐れがある。
日本は、韓国を味方とみなしていると、とんでもない目に遭う。と書かれています。

北朝鮮が求めるものは「終戦宣言」と「経済制裁解除」
中国と緊密に会談して南鮮を追い詰めているようです。

非核化に応じる条件として「終戦宣言」の実現を要求。
何十発も持っているとされる核弾頭には手も付けていない。
弾道ミサイル、生物・化学兵器を保有したまま「非核化しましたよ~」と言われてもね・・・・

文大統領は韓国を赤化したいのでしょうか?
前のめりです。

アジアを借金漬けに

 スリランカの親中派ラジャパクサ前政権は、第3の国際港湾として計画したハンバントタ港の厖大な建設費の大半を中国からの融資に頼った。

 しかし、財政難のスリランカは「悪夢のような返済」の目途が立たず、その代替措置として港を99年間中国国営企業に貸し出すことを強いられたのである(中国国営企業への貸し出しは、中国という国家への貸し出しと同じことである)。

 選挙が終わった直後、マハティール氏は、次のように指摘し、中国に対する姿勢を見直すと明言していた。

 「大金を持って現れ、それを貸してやると言うのが中国のやり方だ。・・・だが考えるべきだ。どうやって金を返すのかと」

 「一部の国々はプロジェクトに目を奪われ、返済の部分を無視する。そしていつの間にか国の大半を失うのだ」

 そして首相に就任した同氏は、中国が「一帯一路」構想の主要事業として受注攻勢をかけていた、同国とシンガポールを結ぶマレー半島高速鉄道計画の廃止を表明した。
(記事拝借)
アジアだけではないですよ。
米国債を大量に持っていますからね。
どこかの時点で放出してくる可能性もあるわけです。

借金程怖いものはない。
リボ払い?
なんだかこじゃれてるみたいに聞こえませんか?
れっきとした借金です。

少々不便でも、近代化したくても、まずお金を貯めてから。
融資をうけるなら相手をよく吟味しなきゃね。
google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録