在日外国人の生活保護の実態

ひどいもんですね~
韓国・北朝鮮人は4人に一人

例えば東京葛飾区の生活保護受給者の9割が創価学会員!?
本人ではなく公明党市議が代理申請!
外国人生活保護の実態!
公務員組織がマフィア!?

私の知り合いの被害者のお姉様が元葛飾区役所に務めていたのですが、そのお姉さまの知り合いの葛飾区役所職員のブログを見ると、ケースワーカーをしていた時、なんと9割近くが創価学会員だったそうです。

日本人は生活保護を受けたくても中々認めてくれなかったり、保護を受けても難癖つけて打ち切って自殺するケースも少なくありません。

それに引換え創価学会員は信者になれば新聞の景品のように生活保護や都営住宅がもれなく付いてくるそうです。

学会員や外国人が生活保護を受ける際、本人が申請に行くのではなく、公明党の市議が代理で申請するそうです。
その税金の中から年末財務等の御布施に廻っているのですから、正しく創価学会は税金を食物にしたカルト教団だと云うことです(怒)

一度生活保護を受けたら何をしても目をつぶっているのが現状ですね。
だって役所の福祉課のケースワーカーの殆どが、総体革命で配置された学会員か反日の帰化人だらけですから
(記事拝借)

全国にどれだけいるんでしょう。
大阪は生活保護天国と言われているからもっと凄いでしょうね。
鬱病やら不眠やらで大量の薬をもらって、それを路上で売りさばくなんてのは序の口。
薬は中国へ不正輸出されているそうですよ。

こんなムダを削れば日本の財政は立て直せます。

スポンサーサイト

コメント

No title

たびたび指摘していますが、弱者を切り捨てろ!というつもりはありませんので、生活保護のようなセーフティーネットは必要だと思います。が、それはあくまでも自国民に限った話。

日本で生活ができないのなら(そりゃあ、どの国の人間にとったって、自国よりは海外での生活の方が大変に決まっています)、自国に戻れば良い。

まずは、生活保護は外国人には支給しないという大原則の徹底からだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録