超ムカツク

剣道は韓国発祥と世界に宣伝。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1453.html

何のためにそんなことをするのかって?

国威発揚のためでもあるんでしょうが、真の目的は、剣道のハングル読みのコムド(KUMDO)をオリンピック競技にKENDOより先に正式登録することで、日本に変わって剣道の宗主国にのし上がり、剣道は韓国起源ニダ!韓国伝統武道ニダ!という嘘を既成事実化し、定着させようと企んでいるのです。

世界で評判の高い剣道という文化を日本から奪い取り、韓国の文化として世界に誇れるという、一発逆転ホームランを狙っているるわけですね。
(ちなみに、KENDO以外の名前を剣道協会の正式名称に使用している国は、世界中で韓国だけです)

実際に現在も、
「日本は剣道をスポーツ化したにすぎなく、その功績は認めてやるが、剣の文化の本流はわが国にあり、宗主国は韓国に求めなければならない。
剣道は日本のものという誤った認識を払拭しなければならない」
などといったトンデモ主張を堂々と全世界に撒き散らしています。
※補足 最近、韓国の剣道組織「大韓剣道会」が"剣道の歴史"と称して、公式に韓国起源を主張しました
(記事拝借)

そういば、孔子も韓国出身だという韓国人教授がいましたね~

「ウソも100ペン言えば本当になる」なんてことわざありますもんね。

日本海を東海と世界に宣伝したり、竹島を韓国領だと世界に宣伝したり、言ったもん勝ちになんて行きそうです。
日本は何故きっちり抗議しない?

アホクサく ほっとけ!

そんな声が聞こえますが、世界には聞こえませんよ。


スポンサーサイト

コメント

No title

韓国は、「そもそも日本に文化を伝えたのは我々であり、我々の方が進んでいる」と思いこんでいるんですよね。

でも、一歩国外に出ると、日本の文化が尊敬されていることや日本を好きな人が多いのに気付き、普通なら「あれ?我々が学んできたことは間違いなのか?」と思ったりするはずなんですが、韓国人は「外国人が間違っている!」と考える。

でも、その一方で実は国内にめぼしい文化や伝統が残っていない…理由は簡単で、韓国は職人はさげすむ傾向にありますし、記録を残すなんてなことに興味はないですから。

そこでどうするかというと、「今は国内に残っていないけれど、元々日本で存在する文化はすべて韓国が伝えたものに違いないから、剣道(も柔道も茶道も華道も…)は韓国が発祥の地だ」と言いだすんですよね。仮にそうであったとしても、途中で断絶していると伝統とは言えないんですけれど。ましてや、発祥・発展の記録が一切残っていないんですから。

韓国人のこういった厚かましさは、昨今の韓流のせいで、少しずつ日本人が知るところになってきましたから、早晩、日本国民の多数が韓国嫌いになる日がやってくるんでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録