中国に日本国内の土地を売るな!

 中国政府は昨年4月、大使公邸などの建設のため、東京都港区南麻布の国家公務員共済組合連合会所有の土地約5677平方メートルを一般競争入札で落札した。名古屋市でも総領事館の移転・拡張のため国家公務員宿舎跡地の一部約1万平方メートルを取得しようとした。

 外務省の浜田和幸政務官は13日、産経新聞に対し「中国国内の土地は売買できない。中国の求めるままに日本の土地をどんどん買っている状況は本当に対等な関係に資するのか」と疑問を呈した上で、中国政府による土地取得の制限について「個人的にはそうすべきだと思う」と述べた

 中国国内の日本大使館と総領事館の計7施設はすべて賃貸。これに対し、日本国内の中国大使館・総領事館7施設は、名古屋、新潟両市を除いてすべて中国政府が土地を所有している。米国大使館や英国大使館は賃貸契約になっている。

何故これほど中国に優遇するのか理解できない。
中国にある日本領事館は建設時から隠しカメラ、盗聴器は当たり前で情報はじゃじゃもれと聞いたことがある。
中国とどのような密約があるのか?
もっと対等の関係にするべきです。
スポンサーサイト

コメント

No title

もちろん、米国べったりの自民党時代がベストとは思いません…が、中国べったりってのは…勘弁願いたいですね。
言いたいことを言い、人に迷惑をかけない範囲でやりたいことができる…。少なくともそうゆう自由は失いたくないですから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録