議員は身を削りません

赤坂議員宿舎、値下げ 3LDK家賃8万4291円 世論に逆行

衆院議員や家族らが入居する東京都港区の赤坂議員宿舎の月額使用料(9万2127円)が4月から8万4291円に改定され、約8千円引き下げられた。

5年しかたってない!

 赤坂宿舎の家賃は周辺相場の約5分の1とされ、「都心一等地の豪華マンションなのに安すぎる」と指摘されてきた。政府の消費税増税方針を受けて「まず議員が身を削るべきだ」との世論が高まる中、逆行した措置。

値下げの理由については「建築後の経過年数による使用料の調整(減額)」と説明した。平成19年4月の入居開始から5年経過したため、値下げに踏み切ったとみられる。

 赤坂宿舎は国会や首相官邸に徒歩で通える距離に位置し、地上28階、地下2階の鉄筋コンクリート造り。総戸数は300戸で、間取りはすべて3LDK(約82平方メートル)。食堂や会議室、駐車場も備えており、東京23区内に住居を所有していない議員が入居できる。前宿舎の老朽化に伴い、総事業費約334億円で建て替えられた。

たった五年で価値が下がった?
そんなわけない! 議員が身を削るのはウソ
野田さん嘘つきです。

超~格安家賃だったのに、値下げです。野田さん嘘つきです。
スポンサーサイト

コメント

No title

本当に必要かどうかわからない、裁判員制度があるのだから、会計検査院を廃止して、国民からランダムに選んだ会計検査員制度があってもいいのでは!!
意外に主婦は厳しい目をもっているで、プロよりいいのでは?

No title

>値下げの理由については「建築後の経過年数による使用料の調整(減額)」と説明した。平成19年4月の入居開始から5年経過したため、値下げに踏み切ったとみられる。

確かに、建物は建築後減価しますから、その分を反映させたという説明は合理的にも思えますが、「そもそもが安いので、調整不要」と言う方が合理的ですね。

逆に、今回、家賃を下げたというのであれば、そもそも低い出発点が合理的であったということでしょうが、そうであるならば、一般的な適正価格との差額は隠れ給与ということで、課税対象とすべきでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録