台風の季節が危機

昨年もでしたが、台風の季節に漁船団が尖閣に緊急避難ということで上陸する。
それを保護するという口実で中国海軍が上陸しそのまま実行支配する。
このようなシナリオができているようです。

新潟の中国総領事館が小学校の跡地5000坪を購入。
職員は20~30人で広大な総領事館を建てる?
そんなアホな。

では、何のためか?
「在日中国人の組織化を目的として活動拠点にするため。
韓国人にしろ、中国人にしろ徴兵制があり訓練された人ばかりだから、事ある時は自国のために蜂起するということです。(中国より来日して現在は帰化して日本人の話)」

何も日本に限ったことではなく、あちこちの国で土地を買いあさっている。
但し、日本のように簡単には売らない。
日本人には一部を除いて愛国心に欠けるところがある。
国旗に敬意を表さない教師に教えられる子供たちもいるわけで、幼いうちに反日を刷りこまれる危険がありますね。

北のミサイル発射における対応のまずさは民主党政権ではどうにもならない。
米から「火の玉感知」の第一報が入った時点で広く国民に知らせるべきです。
あ~ もし~もし では国民保護法を理解しているとは思えません。
スポンサーサイト

コメント

No title

>「在日中国人の組織化を目的として活動拠点にするため。
韓国人にしろ、中国人にしろ徴兵制があり訓練された人ばかりだから、事ある時は自国のために蜂起するということです。(中国より来日して現在は帰化して日本人の話)」

「国防動員法」ですね。http://potemkin.jp/archives/50703640.html

“日本にとって脅威なのは、日本に住む中国人も「民兵」として動員・徴用の対象となるうえ、中国国内で活動する日本企業や日本人も資産や技術提供の対象となる-とみられること。”

で、

“日本に住み、国防動員法の対象となる中国人男性は約26万人、中国人女性は約35万人で計約61万人と公表した。あくまで震災前のデータだが、これは日本の陸海空自衛隊定数約25万人の2・4倍以上という驚くべき数字。”

このあたりの情報もキチンと入手されていないようですから、当然、国民にも広くは知らされていません。 そりゃあ、平和ボケと言われても当然ですね…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録