TPPと日本の農業

クボタが魚沼産コシヒカリを輸出するそうです。
香港に子会社を作って、ネット通販も手掛けるというニュースです。

朝スーパーへ行きました。
米産ブロッコリーが一個98円です。
国産だと倍の価格になります。

韓国産パプリカが98円。
国産は店頭にありません。

空輸などの費用をかけても輸入品の安さよ!

TPPに参加しなくても日本の農業は崩壊していませんか?
消費者は安全な国産を求めています。
「のうきょうさん」という巨大商社がもう少し日本の農業が活性化するように動いてもらえるとよいのですが。
終戦直後の農地法にも大きな問題があると思います。

田舎道を走れば休耕田ばかりが目につきます。
昔の人が必死に開墾して田畑にしたのに、どうにもならない雑地にしてよいわけない。
若い人が農地を手に入れ、産業として成り立つ道を「のうきょうさん」が率先して指導していただきたい。

スポンサーサイト

コメント

No title

>若い人が農地を手に入れ、産業として成り立つ道を「のうきょうさん」が率先して指導していただきたい。

賛成です。 別に国際競争力を持てとは言いません。 イザと言う時は輸入に頼らなくても、国民が餓えないように農業を守ってくれさえすれば良いと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【TPPと日本の農業】

クボタが魚沼産コシヒカリを輸出するそうです。香港に子会社を作って、ネット通販も手掛けるというニュースです。朝スーパーへ行きました。米産ブロッコリーが一個98円です。国産...
google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録