国連負担金世界第2位

2011年から日本は国連の非常任理事国ですらない。
非常任理事国は拒否権を持たない。

議決権もない安保理事会に日本の命運を委ねるなどできないし、国連は加盟各国にとって国益争奪の場であって、日本を守ってくれるわけでもないのです。
主張しない日本とお金だけ出して外交ヘタは天下一品。

国連負担金は米に次いで世界第2位。現在の国連は国益の争奪戦状態。今は、単なる一加盟国で議決権すらありません。重要だと思ってもなすすべがないのです。
国連の分担金の見直しを主張してもよいのではないですか?

拒否権をもつ常任理事国がより多く負担すべきが常任理事国に伴う責任の一つと考えます。
中国は北朝鮮に対し表向きでは核の放棄を言いながら裏では支援しているように見えます。

そもそも国連の常任理事国は第2次世界大戦の「勝利の結果」と位置付けることに大きな問題があると考えます。

世界から見て日本はバカな国に見えますね。
国連分担金は常任理事国が負担すべきです。
ネットで調べてみてください。ムカツク数字が出てきます。

スポンサーサイト

コメント

No title

国連のみならず、IMFも副専務理事の定員(3人)をひとり増やし、中国代表を選んでますしね。
金だけ出して、官僚の出向ポストを確保しているだけですから。

まぁ、ただ、ここで国連を脱退、なんてなのは米英仏ロ中を同時に敵に回すことになりますから、どうやって上手く立ち回るのかをよくよく考えないとマズいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【国連負担金世界第2位】

2011年から日本は国連の非常任理事国ですらない。非常任理事国は拒否権を持たない。議決権もない安保理事会に日本の命運を委ねるなどできないし、国連は加盟各国にとって国益争...
google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録