日本の物づくり産業の復活に期待

三菱重工が小型の旅客機を作るんですね。
戦後アメリカに飛行機を作ることを禁止されて、その後10年間のブランクの後に国産の旅客機YS-11ができたけど、採算がとれずに撤退。
このたび三菱重工が小型旅客機MRJを作ります。
現物はまだですが、世界に向けて商談に入っているそうです。

愛知の三菱重工です。
車の部品は5万点。
飛行機は95万点だそうですよ。

今も三菱はボーイング社の部品を35%供給しているそうです。
愛知はトヨタの街です。
物作りには最高ですね。

日本の底力に大いに期待します。
なんなら、オスプレイを日本に作らせてくれればいいのにね^^
米が落ちて改良を重ねるけど、日本は落ちないことを前提に作ります。
スポンサーサイト

コメント

No title

>日本の底力に大いに期待します。
なんなら、オスプレイを日本に作らせてくれればいいのにね^^
米が落ちて改良を重ねるけど、日本は落ちないことを前提に作ります。

これまた同じです。おそらく日本が武器・戦闘機他を真剣に作ったら、とんでもない代物ができるでしょう。
…でも、米国の虎の尾は、石油・武器・ドルですからねぇ…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録