中国の脅威

中国国家海洋局に属し、沖縄県・尖閣諸島がある東シナ海や、南シナ海などでの監視活動を担う統括組織「中国海警局」(海上保安庁に相当)が22日、正式に発足した。

 海洋権益確保などを目的に1万6296人の実動部隊を配置。

中国が主権を主張する海域での中国漁民に暴力的行為を行えば、報復措置を取れる。

 24日、沖縄本島と宮古島間の公海上を飛行する中国軍の早期警戒機「Y8」を確認したと発表した。この空域を太平洋方向に飛行する中国軍機が確認されるのは初めて。

中国の脅迫に近い行動はずっと続いている。
もし日本の自衛隊ががこんなことしたら、即撃墜されますね。
毎日挑発しているんです。

韓国も中国に習えです。
米ロス近郊の公園にまた、従軍慰安婦像を設置します。
よくまあ、あのような汚らわしいものを設置することを許可しますね。
日本は十二分に賠償も保障も決着済みです。

個人賠償も含めて、全部韓国政府、今の朴さんの父親が使ってしまったんです。
ハンガンの奇跡は朴さんの父親一人の手柄のように歴史教育をしていますが、全て財源は日本からです。
韓国は正しい歴史認識をすべきです。
スポンサーサイト

コメント

No title

>個人賠償も含めて、全部韓国政府、今の朴さんの父親が使ってしまったんです。ハンガンの奇跡は朴さんの父親一人の手柄のように歴史教育をしていますが、全て財源は日本からです。

油断すると、自分も親日派と認定されてしまうという恐怖から、最初から「恨みは千年続く」と反日っぷり、また、「元寇を知らない」と言う歴史音痴っぷりを証明してくれていますからね。
もしかすると、廬武鉉元大統領を超える逸材かもしれません(^。^)y-.。o○

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録