中国 南シナ海実行支配へ

2030年にメタンハイドレートの商用化を視野に南シナ海の実行支配を強化しています。
4月21日の朝刊によりますと、漁民が遠洋に行く燃料費を与えて南シナ海での漁をするように仕向けている。
中・露は日本の技術と外貨が欲しい。
でも、中・露への投資はリスクばかりです。

中国は南シナ海を実行支配に向けて漁民を総動員です。
漁民は民兵。
大型巡視船も配備して、積極的進出に拍車をかけています。

過去、戦争はエネルギーの争奪によって起きた。
第二次大戦後の平和的秩序を武力で破壊してよいはずはない。
ロシアのクリミア併合。その上にもウクライナまで飲み込むつもり。
ロシア国内では領土拡大に喜びで沸いているようです。

このようなロシアの本性を見て、北方領土を返還するなんて望みは消えましたね。
今後も中・露は領土拡大に向けて威嚇しながら、日本の国力が衰えるのを待つでしょう。
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは、

v-219asayanさん そうだね
今年は、ウメッシュを自分で作ってみますねぇv-222
どうして 今まで気がつかなかったんでしょ?
楽しみにしててね

まだ梅が小さいから もちょっと先ですね(#^.^#)

ウォーキングを近頃サボっていて。。。
きつかった~~あの 公園ションボリ。。

原則は時に、ひっくり返り、、、

でも今は、北方領土は返還されるかもしれん。
ロシアは天然ガスの大口顧客として、日本を確保しなくてはならない事情が生じていて。プーチンさんの本音は、『返したくないけど、返した方が経済的にメリットがある。どうせすでにロシア人が多いので、返還してもロシアに有利な住民投票が通過するので取り戻すのは簡単。』

今年に入って日露高官の非公式会合が多発していますので、サプライズ政治判断は両国ともにあると思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録