日米関係は新しい時代に入る

「アメリカの大変化を知らない日本人」日高義樹氏
この本によりますと、2016年アメリカ軍は韓国から撤退するようです。
現在日本国内の米軍基地はあるけれど、アメリカ軍も減少傾向にあり、そうなると大変化が起きそうだということです。

アジアを「大中華圏」と位置付けて軍拡を進める中国にとっては好都合です。

インドネシアのイスラム勢力による反米の動きが中近東から日本への石油の流れを阻害する。

アメリカは世界の警察ではなくなりつつあるように見えます。
つまり、内向きなんです。
日本はいつまでも米の核の傘を当てにしていては平和を維持できなくなって行きそうです。

中国が有事の際、中国国内で事業を営む外国企業は資産や業務、技術を中国政府に提供しなければならないというのが中国の「国防動員法」です。
中国の貿易黒字は過去最高となりました。
有り余る経済力と人間で勝手に海を埋め立てて海軍基地を作る。
だめですよ~と言ってみても聞く耳を持ちません。
10年後どうなっているのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録