日本奪取を画策する中国戦略

北海道では何百ヘクタールにも及ぶ広大な土地が既に中国に買われている。
新潟でに5000坪の土地を購入し、大使館を建てている。
名古屋でも一等地を中国が購入するべく動いている。

着々と「日本奪取」を図る中国。
土地の買い占めと「移民政策」で1980年代に鄧小平は「我々は軍事力で日本を征服する必要はない。大量の移民で日本を溢れさせれば、戦わずして日本は中国のものになる」と発言している。
中国による日本征服は着実に進行している。

名古屋市民の中には日中戦争になった時に名古屋が核攻撃から逃れられるから良いという意見もあるようですが、そんな事態を容認できません。
憲法9条があったから今まで戦争に巻き込まれなかったなんてのは間違った思い込みです。
終戦直後とは周辺の国々の状況、思惑は確実に変化しています。

侵略されないためにも憲法改正を望みます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録