嘘の上塗り

第二次大戦終了時 中国人の死者は130万人というのがGHQの発表。

その後どんどん数字が膨れあがって
2005年の抗日勝利50周年の中国側の発表では5000万人。

さて、抗日勝利70周年の今年はどのような数字を出してくるのでしょうね。

戦前の中国はチンピラヤクザの集団みたいな軍だったそうです。
兵士が逃げないようにお互いを縛りあっていたとか、逃げるときには現地の中国民間人を殺して焼き払って逃げたとか、それが真実のようです。

NHKの「花燃ゆ」を見ていますと、その当時、中国は英国の占領下にあって日本もそうならないように奮闘した様子が良くわかります。日本は頑張っていたんですね。

嘘はどんどん塗り固めないとばれる。
韓国にいたっては日本とは戦ったことはないのにね。日本に併合されて近代化が進んだことを知っていながら嘘の歴史教育をする。恥ということを自覚しない民度の低さは国民性なのですね。
スポンサーサイト

コメント

こんばんはぁ~~^^

そうそう 南京大虐殺なんて でっちあげらしいもんねぇ。
楽子、昔本読んだけど、それらしく実に残虐に
描写してあったんだけど・・・
あの本を読んで、あれこれ考えた時間、返して欲しいわw

もうさぁ、何が真実なのか 分からなくなってくるし、
はいはい って感じ?
もっとさあ、前向きに生きれないのかね。うんざりだわ。

No title

こんばんは、
キティちゃん あれは、息子が買ってきてくれたんですよ
捨てなきゃ良かった~~包紙v-8

やっぱり キティグッズは、儲かりますね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録