新規就農は十分下調べをしてから

補助金付で農協のリース契約をして、苺栽培をしていて生産物は全量組織で販売すると明記されているのにもかかわらず、全量どころか出荷制限などあり、リース料が払えなくなり経営不審でリース料不払い裁判で訴訟されて、窮地に追い込まれています。農協や県農政など信じて新規就農など夢見ない事です。若い人たちは農協と関係なく就農を考える方が良いでしょう。一部の成功者がTVでよく取り上げられていますが、移住就農なども、挫折される人達も沢山いますから、よくよく検察されると良いですね~…
農業では、これから増々食べていけないでしょうね。
リタイア後の自給自足の菜園は、良い取組ですが生活の基盤があってこそです。
逆らうわけではないですが、産直市は殆んど農協が経営しているのが実情です。
農協は損しないようにできている。
上記はある新規就農された方の現実です。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~~

農協ね~~
無くてもいいんじゃないかと思うけどね~
叔父さん農協だったから あんまり言わないけどさ~~
結構 ゆるい感じだったわ~~

一生懸命頑張ってる 農業に携わる人のやる気を
削がないで欲しいって思う。

やっぱさ、頑張っただけの報酬が無いとさ~
不満になっちゃうし、存続できなくなるよね~~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録