中国による対日工作

「日本解放第二期工作要綱(にほんかいほうだいにきこうさくようこう)」という文書がある。

これは中国共産党が日本を弱体化させ、内部崩壊させるための対日工作指令書として配布したものであると言われている。

その記述の一部には、「日本のマスコミの掌握に成功した」、「日本の左翼を徹底的に支援せよ」、「右傾分子が正論で反論した場合、最も効果的なのは、『右翼(ネトウヨ)』と言い放って切り捨てよ」、「賄賂、ハニー・トラップ、恐喝など手段を選ばず、ターゲットを籠絡させよ」などと事細かく指示されている。 

「2015年朝まで生テレビ」
ケント・ギルバート
だって、基地の反対デモの看板が省略した漢字(簡体字)で書いたりして。
それ、デモ隊の日当を中国共産党が間接的ではありますけども、払ってますし。
そんなのは良く知られていることですよ。

田原総一朗
えー!本当?それ?

森本敏
本当ですよ。
沖縄の基地の反対運動のバナーがありますね。垂れ幕。
上が日本語で真ん中が中国語です。
同じ字で同じ大きさで。
日本語、ハングルもありますけど。

ということで、尖閣周辺で領海侵犯を繰り返す中国艦船に出て行くように呼び掛けると
「われわれは、通常の巡視をしている」と返答する。

日本国内では中国人による不動産の瀑買いが始まっている。
これを容認しても良いのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録