中・韓反日共闘

サンフランシスコは完全に中・韓系議員に乗っ取られています。
高校教科書で「南京大虐殺」「従軍慰安婦」のを教育するそうです

南京大虐殺は「The Rape of Nankin」という中国系ジャーナリストが書いて、世界的ベストセラーになった。
この本で南京大虐殺を知ったという人がほとんど。
後に作者はうつ病で拳銃自殺したそうですが、その理由が日本政府による圧力だと。
とんでもない言いがかりです。嘘が世界に拡散したことで多少とも残っていた良心がうずいたのでしょう。

そもそも、南京大虐殺なんて無かった。
中国共産党によるプロパガンダ。

南京市には30万人も住民はいなかったし、わずかな日本兵で武器もなく30万人も殺せるわけがない。
南京市のどこを掘り返しても骨一つ見つかっていない。

人口減少の日本のあちこちにミニチャイナタウンができつつあるようです。
高度成長期に建てられたマンションが空き家だらけ。
そこに住み着く中国人が問題になっています。
ゴミと排泄物とドロボウ。
エレベーター内の排尿は彼らにとっては子供のことだから普通。
「悪気はないよ。文化の違いだ」とテレビで発言していました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録