民主・維新合流

民主党が維新を吸収して野党再編。
元々、民主党にいた人たちが出戻るだけのように見えます。
国会では言葉狩りとかどうでもいいようなことをつついて、大切な審議はなおざり。
ということは、野党には対案もないわけです。

下種議員のためにどれだけの無駄な時間が使われたことか、国会議員は襟を正して、仕事してもらいたい。
議長も今、国会で審議しなければならないことでない場合は一言あっても良いのではないかとおっしゃる方もあります。

中国が埋め立てたスプラトリー諸島にミサイルを配備し、尖閣周辺での示威行動もエスカレートしています。
このような危機に野党は安全保障に関する法案を廃案にしようと呼び掛けたり、反日行動は外国人の目から見ても不思議に映るようです。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まったく?

 離れたり、くっついたり・・・。主義・主張が合わないから、自分の居場所がないから、ここでは自らの選挙に勝てないから…。よく考えたら政治家一人一人のご都合による離合集散。身勝手な離合集散は、やがて同じ繰り返しになりますよ。
 そんなことは、ご自由におやりになればいい。しかし、仰るように“言葉狩り”はいただけません。大切な審議時間をそんなことに費やす、私達国民から見ていると、「国会議員の仕事はそんなんじゃあないじゃないの」と思います。。国会議員として議論し、ただしていかなければならない内政、外交問題は山ほどあるはずです。その片棒を担ぐマスコミもいただけません。
 ひとたび、外に目を向ければ、防衛面でも経済面でも““きな臭い”現実がいっぱい。平和ボケ日本。「先生方、しっかりして下さいよ」。しがない私達ですら、ほんとうにそう思いますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録