共産党は国を亡ぼす

共産党の藤野保史政策委員長が2016年6月26日のNHK「日曜討論」で防衛費について「人を殺すための予算」と発言し、批判を受けて発言を取り消した。共産党関係者が公式の発言を取り消すのは非常に珍しく、ほとんどのメディアが取り上げた

「防衛予算を人を殺すための予算、というのは訂正したほうがいい」(おおさか維新の会の下地幹郎国会議員団政調会長)
「まず、人を殺す予算というのは、政治家の発言としてまずいと思う。国防というものは、国民の命を守るためにあるわけで、戦争はしないというのは、日本国民であれどの国の政治家も思っている。決して人を殺すわけではない。国民の命を守るために国防がある」(日本のこころを大切にする党・和田政宗政調会長)

などと発言を非難する声が相次いだが、番組中で藤野氏が発言を訂正したり取り消したりすることはなかった。
(記事拝借)

そもそも共産党の綱領は変わっていません。
マルクス、レーニン主義。
世界中に悪名をはせた連合赤軍も共産党にかぶれた者たちの犯罪。
そこそこのインテリさんが多いと思いますけど、共産党の皆さんは日本をどうしたいのか理解できません。


スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは、

会社のお財布も
従業員の♡もしっかり 握っています・・・なぁんて(・┰・)
asayanさん 今度の人は、続きそうですよ(*^^)v

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録