恨みは1000年

歴史を心に刻むというのは、代々の中国人が日本を恨み、排斥していくことなのか。永遠に小日本の顔を記憶し、常に軍国主義の復活を防ぐことなのか」とした。
 そのうえで、広島大学の教授の話を思い出したとして「社会の格差や矛盾が深刻な状況となり、国民の不満が政権に向かうことを避けるには、外に『敵』をつくり、緊張感を演出することが効果的である。国民にそれを攻撃させることで政権はさらに安泰となる」という話を紹介。
(以上ネット記事から)

国内が不安定になると決まって「反日」
韓国大統領は歴代そのようにしてきた。
中国も同様。
国内の不満分子を抑えるには日本を悪者にすればいいと。

中国の習さんは「韓国は中国の一部だった」とトランプさんに歴史を講義。
ハワイから西を米国で、東を中国が統治しましょうということね。
でも、日本は日本です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録