難民申請で就労不可

やっとザル法の一つが対策を導入。
「実習」「留学」期限後は強制収容。
但し、観光などの「短期滞在」は含まれないけど、観光で入国して不法残留が増えているのも問題。

難民申請して6か月後から就労可能だが、技能実習や留学からの在留資格の切り替えは認めない。
在留期間が切れた段階で不法残留として強制収容する。

母国の公的機関からの推薦状を得て来日する実習生らによる難民申請自体疑問視。
留学と言っても、学校へは通わず、ひたすらバイトするだけ。
「借金取りに追われている」なんて理由で残留されたらたまりません。
犯罪者をかくまっているようなもの。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録