韓国の歴史認識問題

 韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「韓国にとって、日本の安全保障の整備を主張する人はすべて『極右』となる。ただ、韓国メディアから『極右』と名指しされた日本人は、日本の感覚では良識派だ。反対に、韓国で絶賛される日本人は左巻きで、売国的言動をしている人物が多い。小池氏とすれば、韓国に『極右』と呼ばれたことは名誉だ」という。
(記事拝借)

韓国には法律の上に情緒法というとんでもないものが存在する。
韓国人は「日本人は正しく歴史認識しろ」と度々いうが、韓国人は何を資料に歴史認識をしているのか不思議。

中国での韓国人慰安婦の慰安所の写真が出てきたと公開されているが、日本人は慰安所があったことは正しく認識している
しかし、それが日本軍が20万人の女性を強制的に慰安所に連れて行ったということにはならない。
女性たちは高額の稼ぎに集まった売春婦たちであり、女衒あるいは韓国軍がかかわっていたことは明らか。

戦後40年もたってから、慰安婦問題が出てきた。
朝日新聞と河野談話の罪は重大です。
彼らが世界に向けてこの誤報を広報するしかないと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録