対日圧力

管内閣が再スタートしました。
小沢さんは陳情を幹事長で一手に集中していました。
「票が何票とれるか?」「企業献金いくらか?」なんて露骨なやり取りもあったようです。
サポーター票が取れなかったのもこのあたりに原因したのかもね。

かといって管さんがいいかと聞かれれば「大丈夫かな?」という不安もあるでしょう。
政治がグラグラ、日米関係が危うい。
この機に中国が揺さぶりをかけて、試しているのでしょうね。

また国内の不満分子が共産党政府に向かないように日本に向けたのです。
貧富の差はとんでもなく広がっています。
首都圏からちょっと外れれば、バラックのような家で水道なんて勿論ない。
空気汚染と土地汚染で、飲料水も汚染されているようです。

「脱小沢」は挙党一致というわけにはいきませんね。
ちょっとほころびができると、すかさず塩を塗りつけて傷を広げる、そんな民主党内を感じます。

増大する社会保障費を消費税でとする前に、バラマキやめて、議員削減、議員歳費削減等々すぐできるところから始めて欲しいです。目に見えますから評価しますよ。
独立行政法人の解体ももっとスピーディーにお願いします。
検証報告がなされていないと思うのですが、私が見落としたのでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録