中国の尖閣諸島上陸作戦

中国の尖閣諸島上陸作戦、2011年6月予定

引用↓
【台北共同】台湾で尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する団体「中華保釣(尖閣防衛)協会」の黄錫麟秘書長は1日までに、世界各地の華人団体を結集して世界中から船などで同諸島上陸を目指す「全球保釣大連盟」を結成する計画を進めていることを明らかにした。

米国から日本への尖閣諸島の施政権返還を決めた沖縄返還協定調印から40年となる来年6月17日に、同連盟から傘下団体に上陸を呼び掛ける。
(記事拝借)

これから日本は台風シーズンに入ります。
台風にあったために近くの尖閣諸島に上陸したとしてそのまま居続けるという作戦です


竹島に韓国軍が上陸したように、一度上陸してしまうと排除することが困難になります。
日本は尖閣諸島に自衛隊を常駐するようにできませんか?
日本人でさえ自由に上陸できないなんておかしな管理の仕方だと思います。

居座り管はにこにこと上機嫌です。一日でも長~く居座りたい!
この人に国の安全保障は理解できませんよね。
レームダックした管さんと誰が何を議論しますか?
外交、防衛、通商等々相手にしてくれません。





スポンサーサイト

コメント

あまり自覚はないようですが、

前回の尖閣諸島の漁船体当たり事件の際は、ノーベル平和賞&レアアース禁輸という戦略ミスを中国が犯したこともそうですが、ヒラリー米国防長官が「尖閣諸島は日米安保の対象」という発言をしたことが、中国の暴走を止める一番大きな要素だったと思います。
中国はジャブを出しながら、少しずつ既成事実を積み重ねてゆくでしょうから、ピシャリと叩いておくことが必要なんですけれど…今の“中韓大好き♡”民主党政権では厳しいかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録