中国が先制攻撃戦略

 【ワシントン=小川聡】中国人民解放軍が、敵の戦闘機が飛び立つ前に高性能な弾道ミサイルで敵基地の滑走路などを先制攻撃する軍事ドクトリン(基本政策)を新たに取り入れたと、米空軍が資金提供した米専門家グループが報告していたことがわかった。

 中国の弾道ミサイル開発はこれまで、米空母などの接近を阻止する防御的な意味合いが強調されていたが、より攻撃的な使い道を想定していることがうかがえる。

 専門家グループは台湾有事の際には、沖縄の米空軍嘉手納基地、海兵隊普天間飛行場、航空自衛隊那覇基地の3か所がこうした先制攻撃の対象になるとも指摘している。

 報告書は、米空軍と関係が深い団体「ランド研究所」が2月に発表した「天を揺らし、地を裂く 21世紀における中国空軍の行動概念」。中国語の堪能な米専門家が、中国国防大学の教科書や中国軍高官の講演などを読み込み、まとめた。
(記事拝借)

北から南まで中国が日本の山や水資源、土地を買いまくってますよ。
TPPについては良くわからないのですが、対中国に限ってみれば、物だけでなく人も無制限に入ってくるのだとすると大変危険なことになります。

安い労働力の確保なんて言ってられない。
犯罪が増えます。今でさえ中国から犯罪者がどっと入ってきています。
被災地にガレキ撤去の仕事で入って、ぼろもうけした人がいるようです。
金目の物を見つけると秘かに隠して、後で取りにゆくらしい。

居座り管さんでは復興はゆるゆると行こう。目途が立たないからずっと居座っていられる。
この人を首にする策は無い。
この時期に解散総選挙になんてできないと言われるが、ボランティアを総動員してでもやってもらいたい。
私はちょっとばかり歳をとってますが、力仕事以外なら充分に馳せ参じますよ。
スポンサーサイト

コメント

TPPは

米国が日本市場を狙っているモノだと思います。

中国は、どちらかと言えば、韓国が大騒ぎしていた外国人地方参政権の実現で、漁夫の利を得ようとしていたフシがあります。韓国が人を送り込めたところでせいぜい数百万。でも、中国は数千万、下手すりゃ億単位で人を(強制的に)送り込めますからね。
一地方都市くらいなら、かる~く合法的に自国(自治)領にできますから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録