原子力発電てこんなにヤバイものだった

日本の原子力発電所は大きく分けて軽水炉と高速増殖炉という種類があります。日本に ある原子力発電所はほとんどが軽水炉であり、現在事故が起こっている福島原発も軽水炉 という仕組みで動いています

核爆弾の材料であり、わずか1グラムで何百万人も殺せる猛毒でもあるプルトニウムを燃料に使い、しかも同時に新たなプルトニウムを生み出してしまう特殊な原子炉です。

2011年3月26日 ... 日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で昨年8月に原子炉 容器内に炉内中継装置が落下し、抜けなくなっている問題で、復旧作業にあたっていた 燃料環境課の男性課長(57)が自殺していたことがわかった。
(記事拝借)

もんじゅの落下装置はこのたびやっと引き上げられました。

原発廃棄物は限りなくでてくるわけです。何処にそれを受け入れる地域がありますか?
原発により人も動物も植物も汚染が広がっています。
管さんは辞めないから国会が空転しています。

だったら、首相抜きで与野党協議すべきです。
高い歳費取っているのです。仕事して欲しいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録