ニュースを読む

拉致解決へ核武装論議必要、合同訪米団に有力議員提案「中朝は恐れている」

【ワシントン=古森義久】北朝鮮による日本人拉致事件の「家族会」「救う会」「拉致議連」の合同訪米団が11日、ワシントンで米国側の政府高官や議員との一連の会合を開始。下院外交委員会の有力議員からは、北朝鮮に拉致と核開発で譲歩をさせるために日本も独自の核武装を論議すべきだという提案を受けた

中東・南アジア小委員長のスティーブシャボット議員(共和党)は日本の核武装論について、「オバマ政権は(同議員とは)異なる意見を持っているだろう」と述べながらも、「中国も北朝鮮も日本の核武装という事態を非常に恐れており、とくに中国はそういう事態を嫌うから日本に核兵器保有への真剣な動きがあるとみれば、北朝鮮に核武装停止や拉致解決への圧力を必死でかけるだろう。日米両国は日本の核武装の中止を条件に北朝鮮の核放棄をも求めることができ、北がそれに応じる現実的な可能性も生まれる」という趣旨の発言をしたという。
(産経新聞記事拝借)

日本は憲法を改正して、誇りある日本になりましょう。
中国・韓国・北朝鮮から見れば「日本は強硬に主張すれば、必ず言うことを聞く」「外圧に負けて必ず要求を飲む」と思っている。
お盆が近づいています。戦没者の慰霊に総理大臣が靖国参拝をしないと言う国は民主主義の国とは言えない。
スポンサーサイト

コメント

No title

実は安倍政権時も、こんなことが言われていたんですよね。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/34/index.html

“日本は世界から嫌われている”とか“日本は東南アジアで孤立している”という言葉は正確ではないです。日本は世界からむしろ好かれていますし、嫌っているのは、asayanさんが挙げている3ヶ国くらいでしょうね。このあたりは、是非正確な情報をマスコミは提供する必要があるでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録