首相「正心誠意国難に立ち向かう」

経済成長と財政再建の両立を政権の最優先課題に位置づけ、日本再生戦略の年内策定や、来年の通常国会に社会保障・税一体改革の関連法案を提出する方針を表明した。

日本政治の現状を「積み上げてきた『国家の信用』が今、危機にひんしている」と指摘し、「希望と誇りある日本を再生する」と訴えた

いいこと言われてます。できるか できないかは別問題。
気にいらないのは「郵政改革法案」を早期に通すみたいなことが入っていたような気がするのですが。
これは後回しでいいでしょう?

脱原発とも言われていません。
日本は産業の空洞化の危機です。
復興財源のためと称して財務省の言いなりに増税大合唱になっては困ります。

議員定数削減
本当に天下り禁止。
そのために高位スタッフ職なる特別室ができているようですが、これはいらない。
社会保障費で言えば、40年国民年金かけ続けた人よりも多い生活保護費が問題です。

増え続ける医療費にしても、風邪でも検査はフルコースなんておかしい。
薬にしても本当にこんなに必要なの?って感じです。

庶民が目につくムダだけでも充分財源ありそう。


スポンサーサイト

コメント

No title

例えば、アイスランドは財政収支黒、政府債務対GDP比が53.8%でもデフォルトしています。
日本もそうでしたけれど、バブルが発生している国の財政収支は黒字のことが多い。でも、それと経済が破綻するかどうかは別の話。
財政収支はどんな経済活動をしたのか、どんな財務活動(国債は自国通貨建なのか外貨建なのか、購入者は誰なのか)をしたのか、といったことの結果にしか過ぎないので、そもそも経済成長と財政再建の“両立”と言っていること自体、認識が間違っているんじゃないかと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録