公務員改革

基本的に役所にいると、大臣とか総理を見るよりも、事務次官を見て役所のために役所の利益を拡大するように働くと、それで昇進するという仕組みになっている。だからそこの仕組みを変えないといけない。

 例えば小泉改革で、郵政民営化や道路公団の民営化、あるいは政策金融機関の統合をやって、「ああ大きく動いたな」と思っても、小泉さんがいなくなった途端にダーと後退してしまうというようなことが起きる。

 だから、たまたま強い人がいたから総理の考える方に動いたということではなくて、どうやって(官僚が)制度的に総理や大臣の方を見ないといけない仕組みをつくるか、それが公務員制度改革の本筋だと思うのです
(古賀氏)

時々テレビなどで見聞きするのですが、国債の整理基金の繰り入れを1年止めると10兆円でる。
これは将来の国債償還の基金であるので確かに先食いという危険もあります。

先食いと言えば、赤字国債を使ったバラマキ4kがその代表。
子供手当を親が先食いしたわけです。
民主党があるあると言っていた17兆円は何処?

与党がいつまでもガタガタだから、三菱重工などへサイバー攻撃する国が出てくる。
内閣府の実在の人物名が使われているようです。

原発事故で世界中が注目しています。テロリストも勿論です。

スポンサーサイト

コメント

No title

いつも当方のブログへの書き込みありがとうございますm(_ _)m

>与党がいつまでもガタガタだから、

この手の話をすると「誰がやっても同じ」と言う人がたくさんいます。そのとおりかもしれません。でも、その変えられない人を選んじゃっているのは我々なんですよね。
理由は我々国民が政治に関心が低いからだと思います。でも、普通の人が経済や外交に詳しくないのは当然で、詳しくないことに関心を持つことはこれまた当然。つまりは、その難しいことを国民が理解できるよう説明できる政治家・マスコミの責任が大きいんだろうと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録