TPP参加に反対

今交渉のテーブルにつかなければ日本は孤児になると経団連の会長は言います。
そうでしょうか?
素人の意見ですが、関税の自主権を放棄するようなものです。

大震災にあっても円高は進み、世界最大の金融資産国である日本を鵜の目鷹の目で狙っています。

TPPは実質、日米の自由貿易協定(FTA)とおっしゃいましたが、米国への輸出が拡大することは考えられません。

米国は貿易赤字を減らすことを国家経済目標にしていて、オバマ大統領は5年間で輸出を2倍に増やすと言っています。米国は輸出倍増戦略の一環としてTPPを仕掛けており、輸出をすることはあっても輸入を増やすつもりはありません。

オバマ大統領のいくつかの発言は「アジア地域で輸出を増やすことに米国は大きな機会を見いだしている」
TPPのGDPシェアで見れば日本を指しています。
そして「国外に10億ドル輸出する度に、国内に5,000人の職が維持される」と、自国(米国)の雇用を守るためにアジア、実質的に日本に輸出するとおっしゃっています。

日本がTPPに参加することは他の国も雪崩をうって参加することになるでしょう。
欧米諸国のように人種摩擦が起きることは目に見えています。

農業は日本人が生きる上での最後の砦です。自給率を上げるためにもTPP参加は止めるべきです。

こんなこと私のようなおばちゃんが言っても何の意味ももたないだろうな~
スポンサーサイト

コメント

No title

なぜ世界の孤児になるのか、是非とも経団連会長には説明をしてもらいたいですね。
もちろん、米国にもTPP反対派はいるでしょうから、そういう人達と連携を取って話を進めて行ければ良いんですけれど…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録