新米の美味しい季節

TPPに関連し、藤村官房長官は11日午前の記者会見で「最初から交渉に入らず、途中から入るとなれば、デメリットだ」と述べ、交渉への早期参加が必要との考えを示した。

 玄葉外相も「アジア太平洋40億(人)の内需を日本の内需と考え、外に打って出るようにしないといけない」と強調した。

 一方、鹿野農相は「(交渉参加の判断時期について)期限を区切るのは、慎重であった方がいい」と述べた。
(記事拝借)

食糧自給率がTPP参加で10数%に落ち込むとしたらそれでも参加するメリットありますか?
今以上に休耕田が増えて、近い将来地球上で食糧の取りあいになった時、日本の田畑は荒れ放題ですぐには食糧増産はできません。

私はTPP参加で日本はどのように変わるのかがちょっと理解できないのです。
何処かの国のように無制限に人が流入するようなことになると治安の維持が難しくなりませんか?

日本の新米はとても美味しい!
農産物は安心して食べられます。
夜9時でも一人で散歩もできる。
こんな日本が大好きです。日本人に生まれて良かったとつくづく思います。


スポンサーサイト

コメント

No title

>最初から交渉に入らず、途中から入るとなれば、デメリットだ

これは、そもそも参加を前提とした発言。
「交渉参加と参加は違う」とも言ってますけれど、これだけ多国間の条約を締結するともなれば、利害調整は相当の労力が掛かるはずで、引っ掻きまわすだけ引っ掻きまわして「やっぱ止めるわ」とは言えないでしょう。よって、この言葉も参加を前提とした発言(詭弁)。

問題は、asayanさんがおっしゃるように、TPPに参加するとどうなるかを政府は具体的には説明していないこと。ま、もっとも、政府もTPPのことを理解していないのが本当でしょうけれどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録