復興債1.5兆円は個人向け

民主党政府の事業仕分け第4弾にあたる「提言型政策仕分け」に、仙谷由人政調会長代行と、辻元清美政調副会長を派遣することを決めた。

 党側からの仕分け人派遣は、長妻昭元厚生労働相の起用も検討しており、計8人を送り込む方針。

 事業仕分け第4弾は原子力政策や社会保障政策などを対象に、11月下旬から実施される。平成24年度予算編成作業に間に合わせるため、12月上旬までに成果をまとめる。

財政再建待ったなし。国の借金1000兆円

誰が買うの?
個人資産を上回ると海外の投資家に頼らざるをえなくなります。
結果、国債の値動きが激しくなったり、値下がりして金利が上がるリスクが高くなる。

事業仕分けしたらきっちり実行されたい
高校無償化は今は止めてもいいのではないか
国会議員報酬の削減と議員定数の削減。

公務員宿舎は凍結なんて言ってないで、中止なり、売却なりすべきです。
緊急事態です。

円高のメリットを生かして国内の雇用に対策をたてれませんか?
海外移転ばかりが目につきます。
スポンサーサイト

コメント

国の借金

未知の世界へ様 
こんにちは。
いつも、ブログを拝見しております。
国の債務についてですが、
 日本は先進国主要国では数少ない「経常黒字」で、失業率も極めて低い国です。

 日本の債務の内訳については
 外貨準備が 100兆円、財政投融資 170兆円、社会保障基金 260兆円等は資産の裏付けがあるということです。
 2007年度の国のバランスシートをみると、負債は978兆円で資産は695兆円、その差額は債務超過の283兆円ということになります。
 債務超過というと、民間なら破綻ですが、国は簿外に課税権があるので、破綻とは言いません。
 国には簿外に課税権があるので完全に国内問題です。 
 では、なぜ、財務省は順調な財政を隠すのかと言うと、理由があります。
  増税なしでも財政再建可能という声が大きくなってしまうと消費税を上げられなくなります。 
 ところが、「安定的な財源の確保」とは「消費税率の引き上げ」のことです。
  政府はなんとしても大衆、特にフリーターやニートから税金を取りたい。そのためには消費税しかないのです。
 具体的な数字とデータは私のブログの「財政赤字の正体」と「日本国債がデフォルト?」に掲載しております。
 もしよかったら、見てください。
 よろしくお願いします。

No title

>財政再建待ったなし。国の借金1000兆円
>誰が買うの?
>個人資産を上回ると海外の投資家に頼らざるをえなくなります。

この点については、asayanさんと私で意見の異なる点ですけれど、このあたりについての私の意見は以下の当方のブログをご覧いただければ幸いです(^。^)y-.。o○。

MBA流 http://tatsusae.blog58.fc2.com/blog-entry-326.html

早く説明が聞きた~い http://tatsusae.blog58.fc2.com/blog-entry-327.html

家計・企業と国債 http://tatsusae.blog58.fc2.com/blog-entry-328.html

ま、おっしゃるとおり、増税するにしても、国民負担を何らかの形で強いるというのであれば、それよりも先に政府・官僚も痛みを分かち合わべきでしょうね。
ここまで震災対策を先延ばしにして来たんですし。

No title

財務省がどうして消費税を上げたがっているかについての私の意見は以下をご覧いただけると幸いです(^。^)y-.。o○

困る人
http://tatsusae.blog58.fc2.com/blog-entry-317.html

まぁ、権益の増大が目的ってことですかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録