TPPで日本はどう変わる?

そもそも「TPPに入れて~」って言いだしっぺは3・11前の管さんだそうね。
よく考えもしないで「平成の開国!」なんてカッコつけたつもり。
野田さんは竜馬気取りで10日にも交渉参加を表明だそうです。

農業従事者の中にも賛成派もおられることですから、農業改革、医療改革、金融分野も国益を考えて交渉していただきたいものです。

ISD条項対策として、訴訟大国アメリカと交渉するには日本にも国際弁護士を多数育てることが必要ですよね。

消費税増税を盛り込んで予算編成されるようですし、何事も「私が決断します」ですね。
この人、こんなに独裁者だった?
外国に向けては弱腰なのに国内では強いのね。

10年後、この開国が日本にどのように影響しているのでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

No title

>ISD条項対策として、訴訟大国アメリカと交渉するには日本にも国際弁護士を多数育てることが必要ですよね。

これはねぇ…規制があることで、投資家が利益を得損なったかどうかを審議するだけなんですよね。非公開で。
しかも判例に拘束されないらしいので、結果が出るのか全くわからない。
その上、裁判の結果は不服があっても上訴できない。さらにさらに、審査が明らかな法解釈の誤りをしていたとしても、その国の司法機関はこれを正すことはできない、というとんでもない代物。
国際弁護士が果たして役に立つのかどうか…現時点では私はわかっておりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

google

よろしくマイショップ
★★★雑貨屋★★★
TG



RSSリンクの表示
フリーエリア(検索エンジン)

相互リンク 検索エンジン登録